【阪神大賞典】過去データ分析/阪神競馬場!天皇賞へとつながるステップレースを制するのは?

【阪神大賞典】過去データ分析/阪神競馬場!天皇賞へとつながるステップレースを制するのは?

天皇賞・春につながる大事なステップレース

タイガーウッズがやっと多淫をしたみたいだね。

2/23に事故を起こしてしまい、足の複雑骨折などをして重傷を負っていた彼が…

そして退院した当初の気持ちを医師らに感謝していると伝えたみたいだ。

本当に良かったよね。

そして今回の記事では今週日曜日に阪神競馬場で行われる天皇賞・春へと続くステップレース『阪神大賞典』の過去データを元に分析をしていこうと思う。

【阪神大賞典】過去10年結果

1番人気の成績が抜群にいいね。

早速詳しい状況を見ていこうとしようか。

コース特徴

このレースは阪神芝3000mで行われるレースとなっている。

コーナーを6回回る。

さらに最後の方でペースが落ち着いてくるね。

血統別データ

サンデー系の成績がいいよね。

昨年はキンカメ産駒だったが、基本的にはステイゴールド産駒、ハーツクライ産駒、ディープインパクト産駒の成績が良くなっている。

枠順・馬番データ

人気馬が外枠に固まることが多く、複勝率が高くなっている。

まああまり差はない感じがするよね。

馬番では…4番人気以下は偶数馬番の方が優勢となっているね。

脚質データ

あまり気にすることはないと思うね。

人気データ

1番人気の成績が抜群にいいね。

そして当日5番人気以内での決着がつきやすいレースとなっている。

前走GⅠ意外だった2番人気は苦戦がちだね。

所属では栗東所属馬が群を抜いて強いよね。

その他データ・まとめ

プラス要素

・ステイゴールド産駒、ハーツクライ産駒、ディープインパクト産駒
・当日3番人気以内で継続騎乗
・前走GⅠで5番人気以内

マイナス要素

・当日4番人気以下で奇数馬番
・当日4番人気以下で500㎏以上
・前走2000m以下

まあこの辺で…

予想は

◎ユーキャンスマイル
○タイセイトレイル
▲アリストテレス
☆ディープボンド
△メイショウテンゲン、アドマイヤジャスタ

ってところかな

後は枠順が決まったら送ろうとするか。