禁煙したいと思ったら…。まずは煙草について知ろう!これで吸いたい気持ちがなくなるかも?

禁煙したいと思ったら…。まずは煙草について知ろう!これで吸いたい気持ちがなくなるかも?

はーい!どーも!こんにちは!

2021年10月25日(月)くもり

ごきげんよう!

週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?

家族・デート・友人とランチ・お買い物・部活動・旅行…

それぞれの時間を過ごされたでしょう。

僕は飲みにいってました!居酒屋は雰囲気がいいですよね!

コロナ禍で自宅で飲むことが多くなり、しんみりと飲んでいましたので、

居酒屋のワイワイできる感じがたまらなく楽しかったです。

だがしかし、時短営業で終わるのが早いのが残念です。。。泣

来週からは解除されるのかな?

楽しい時間はあっというま。長く居たいものです。

ここで皆さん、お酒を飲むときに煙草をお吸いになりませんか?

今は喫煙スペースに隔離され、吸えるスペースが少なくなりました。

喫煙者にとってはとても困りましたよね。

けど禁煙してしまえば困ることはありません。

とは言ってもなかなかやめるのは難しいものです。

この際やめてしまおうと思ってる人もいるかもしれません。

僕もその一人です。

どうしたら禁煙できるのか・・

まずは煙草についてよく知り、

将来どのように身体に悪い影響を及ぼすのか、調べてみました。

煙草には、、、三大有害物質といわれるものがあり、

⓵ ニコチン 

依存症を引き起こし、血管を収縮させ血液の流れを悪くします。

②タール 

発がん物質を含んでおり、がんの発生を促進したり、発育を加速させます。

③一酸化炭素 

からだを酸素欠乏状態にするため、動脈硬化症や狭心症、

心筋梗塞などの心臓病の引き金になります。

これらの成分により、さまざまながんを発症するリスクが高まります。

肺がんによる死亡の危険性はノンスモーカーの約4.5倍

咽頭がんは約32.5倍にも及ぶということが分かっています。

たばこの害はがんの発症だけでなく、心臓や血管系にも影響を及ぼします。

たばこを吸うと、ニコチンが脳に働きかけて快感をもたらし、

「吸わずにはいられない」状態をつ くりだします。

たばこには依存性があり、

喫煙により満足感やリラックス効果を得ることから、習慣化します。

特に若年でたばこを吸い始めると、

より高度なニコチン依存性に陥りやすいことが明らかになっています。

たばこは、肺がんをはじめ、多くのがんや、心筋梗塞、脳梗塞などの

循環器疾患、慢性気管支炎、 肺気腫など、数多くの疾患に深く関係しています。

また、最近では加熱式たばこを吸う人が増えてきました 。

加熱式たばこは紙巻きたばこに比べて有害成分が少ないと謳われていますが、

発がん性物質をはじめ、多くの種類の有害成分が含まれています。

加熱式たばこを吸う人が吐き出した煙(正確にはエアロゾル)を

吸わされることによって、受動喫煙は生じ、吸う人と吸わされる人ともに、

どの程度健康影響があるかはまだ明らかではありません。

禁煙するためにできることとして・・

たばこを吸いたくなるきっかけを自覚する

食後…すぐに席を立ち、歯を磨く

お酒の席…飲みに行く機会を避ける

●喫煙の代わりになる行動を実施する

・水を飲む

・ガムや飴を口にする

少しずつでいいので始めてみよう!

僕は心理戦だと思います。いかに煙草のことを

考えないようにするかが大事だと思います。

生活から煙草をなくそう!!

周りが吸っていたら、違うことをしよう!

最後に・・・禁煙のメリット!

お金がたまる

時間ができる

食がおいしくなる

健康になる

歯がきれいになる

印象が良くなる

ストレスが減る

咳や淡がなくなる

こんな人生どうでしょうか?

僕も頑張ります!