【人生100年時代を幸せに生きるには】世界最高齢・119歳の田中カ子さん死去 福岡市、1903年生まれ 

【人生100年時代を幸せに生きるには】世界最高齢・119歳の田中カ子さん死去 福岡市、1903年生まれ 

はーい!どーもー!こんにちは~!

2022年4月25日(月)晴れ

世界最高齢に認定されている福岡市の田中カ子(かね)さんが19日午後に死去したことが25日、分かった。

市が同日、確認した。119歳だった。

凄い長生きですね!日露戦争開戦の前年、1903(明治36)年1月2日に生まれ、

明治から令和まで五つの時代を経験しました。

五つの時代を経験した力子(かね)さんのお話をいろいろ聞いてみたかったですね。

昔と今の違いや人生についてどのよう考えていたか気になりました。

最近でよく聞くのが「人生100年時代」です。

100歳以上の人口は、年々増加しています。

今回は・・・

人生100年時代を生きるためにはどのような生き方をすればよいでしょうか?

長く生きるためには、長く働かなくてはなりません

働くとは生活のためでもあるのですが、それ以上に長い人生をより豊かに生きていくためでもあります。

そうした視点で「働く」を考えた時に「苦手な事」「不得意な事」では、

効率的に成果を上げて、新しい価値を生み出すことは難しいのではないでしょうか。

長く働くために大切なことは、時間を忘れて熱中できること、

いつまでも飽きずに取り組めることを見つけることです。

自分が大切にしたい価値観に結びついている「働き方」を見つけることが必要です。

そうした時代の流れを認識し、自分なりの働き方を考えていく時に大切なのは、

「好きな事」「得意な事」「人に役立つこと」の三つです。

⓵好きな事

時間を忘れて夢中になっているか。熱中していることです。

②得意なこと

周りの人は時間がかかっているに自分では簡単にできてしまうこと。

③人に役に立つこと

人に感謝され、やりがいを感じられること。

自分の好きなことや得意なことで働き、人の役に立てる。そんな働き方を意識して、

100年時代をポジティブに生きていきましょう!

ひまわりさんのアファメーション・やる気、モチベーション、生きる気力