【怒りの感情を抑えるには】球場騒然!大谷翔平の出場試合で大乱闘! 警告試合に殴り合いまで勃発 両軍監督と計6選手が退場

【怒りの感情を抑えるには】球場騒然!大谷翔平の出場試合で大乱闘! 警告試合に殴り合いまで勃発 両軍監督と計6選手が退場

はーい!どーもー!こんにちは~!

2022年6月27日(月)晴れ

エンゼルスの大谷翔平投手が先発出場した試合で、両軍入り乱れての大乱闘が勃発した。

野球選手の乱闘って凄い荒いですよね。

ましてはメジャーリーグとなると、いろいろな国の選手が集まっていますから、

体も大きいし、迫力がありますね!

人が感情をあらわにする姿ってなかなかないですが、

怒りの感情って恐ろしいですね!

今回は・・・

【怒りの感情を抑えるには】

怒りの感情を爆発して抑えきれないときってありませんか?

それは、人になのか、自分になのか、ものになのか

いろいろなケースが考えられますが、

爆発して大事件になったらあとが大変ですよね。

そんな怒りの感情を抑えるにはどのようにすればよいでしょうか?

⓵6秒我慢する

まずは何もせず発言せずに6秒我慢してみましょう。

突発的な怒りは6秒ほどで治まります。グッと6秒だけ我慢しよう。

②深呼吸する

怒りを感じると呼吸が荒くなります。深呼吸をして呼吸を整えましょう。

深呼吸は副交感神経を高め、心身をリラックスさせる働きがあります。

③その場から離れる

怒りのきっかけになったところから、離れましょう。

状況を変えることで、気持ちを落ち着かせることができます。

④考えるのをやめ、違うことを考える

考えれば考えるほど、イライラは増してきます。

一度違うことを考え、忘れさせましょう。

⑤価値観の違いと割り切って諦める

人とは分かり合えないことだってあります。

どちらが正しいか悪いかではなく、価値観の違いとして割り切りましょう。

いかがでしたでしょうか?

別に怒りの感情を捨てるわけではありません。

怒りから成長することだってありますし、自分を知れるということもあります。

人に迷惑をかけないためにも感情を抑えることに徹しましょう。

怒りを我慢できたら、大人になったのだと思うことができます!

自分を褒めてあげましょう!

短気を治す方法 怒りを静める方法 性格改善