【能動的な生き方】山之内すず「スクールカースト圏外だった」嫉妬に苦しんだ“修行時代”

【能動的な生き方】山之内すず「スクールカースト圏外だった」嫉妬に苦しんだ“修行時代”

はーい!どーもー!こんにちは~!

2022年7月6日(水)くもり

山之内すずさん、中学高校と学校を休みがちで、

たまにフラッと学校に行って帰っていたので、友達もそんなにいなかった。

ぶ厚いメガネに髪の毛も長くてモサっとしていて、いつもオドオドしてるコでしたから、

スクールカーストでいえば“圏外”。でも、なぜか“一軍”のコたちに『すずちゃん、カワイイね』って

可愛がられていたようです。

ただそれは、私のことを“下”に見ていたからだって、当時から感じていました。

だから高校2年になって私のインスタのフォロワーが急に増えたり、

芸能界に入ったときに彼女たちの態度がガラッと変わって……。

イジメのようなイタズラを受けるようになったようです。

女の子の世界って恐ろしいですよね。

それでも仲良くしてくれる友達の存在って救われますよね。

芸能界入りする前も今も、山之内さんが親交を温めるのは“見極めた”友人たちのようです。

その大事な友人たちを大切にし、芸能生活も頑張ってもらいたいです。

今回は・・・

【能動的な生き方】

受け身の生き方は、相手から与えられることを待つ生き方。

対して能動的な生き方は、ただ目の前のすることだけを考えている生き方になる。

そして能動的に生きていて幸福を感じる人は、自分自身だけですでに幸福を感じている。

その人のやることは自然と、誰かや世の中を助けたい、もっとよくしていきたい思う何かになる。

だから能動的な人生は「与える人生」になる。

与える人生を選ぶなら、自発的に行動するべきだ。

受け身な人生はやめて、能動的に生きよう!