野菜をよく食べる人は認知症のリスクが低い 日本人の研究

野菜をよく食べる人は認知症のリスクが低い 日本人の研究

はーい!どーもー!こんにちは~!

2022年8月5日(金)曇り

野菜の摂取量が多い人は認知症のリスクが低いこと、

また、野菜に含まれる栄養素の中にも、

摂取量が多いほど認知症リスクが低くなるものが複数存在することが、

日本人を対象とした研究で示された。

野菜1日270gを超えたあたりから認知症のリスクは低下。

日本で推奨されている野菜の摂取量は1日あたり350gです。

朝、昼、晩。常に野菜を食べるのは厳しいと思いますが、

果物を食べれば栄養素を補う事もできます。

まだ、若い人は先の話かもしれませんが、知識として頭に入れ、

自然と野菜、果物を摂取する習慣を作っていきましょう!

ちなみに二日酔いには、野菜ジュースが効きます!